FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やるべきことを信じて実践する

●小沢征爾さん、NY公演終了…2千人が拍手
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20101219-OYT1T00445.htm

世界的指揮者の小沢征爾さんが、アメリカ・ニューヨークのカーネギーホールで、20世紀イギリスの作曲家ブリテンの大曲「戦争レクイエム」を指揮し、自ら率いるサイトウ・キネン・オーケストラの米国公演を終えたそうだ。指揮台のそばにはイスが置かれ、そのイスに身体をまかせて指揮をしていたが、時折、ぐっと立ち上がり、激しい指揮を見せていた。

テレビのニュースでも小沢征爾氏の指揮をしている姿が流れていた。75歳という年齢を感じさせない動きを見て、単純にカッコいいなぁと思った。そのカッコよさというのは、別に指揮者という職業イメージや世界的な指揮者という権威から感じるものではなく、一人の人間がやり続け、こだわり続け、懸命に自分のやるべきことを信じてそれを実践している姿だ。

昔、小沢征爾氏の「ボクの音楽武者修行 (新潮文庫)」という本を読んだことがある。この本は、1961年に書かれたもので、音楽をやるために貨物船に乗ってヨーロッパに渡り、その後、ヨーロッパとアメリカでの生活や活動を描いたものだ。実に生き生きとした感じで、音楽が楽しくて楽しくて仕方がない様子が伝わってくるし、真剣に懸命に取り組む熱い姿勢が伝わってくる。1935年生まれだから、当時26歳で、これから世界へという時期に書かれたものだから、熱いのも当然のように思えるが、逆に75歳になった今でも、その姿勢や熱さが変わっていないことに驚かされる。

もう今年も残すところ2週間を切った。来年は、こういう熱い気持ちを改めて持って、やるべきことを信じて全うしたいなと思った。
スポンサーサイト

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

辻 大志

Author:辻 大志
コンサルティング会社に勤める会社員。
この場を借りて、自分の意見や考え、日々の戯言を綴っています。
一人でも多くの方に読んでいただき、繋がりを持っていきたいと思っています。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

最新記事
カテゴリ
検索
カスタム検索
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。