FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前夜(イヴ)

●民主、たちあがれ日本に協力要請 連立を視野、難航も
http://www.47news.jp/CN/201012/CN2010122401000708.html

菅直人首相が「たちあがれ日本」に対し、連立政権づくりに向け入閣を要請していたそうだ。たちあがれ日本は緊急議員総会を開き対応を協議するが、党内には菅政権への協力に否定的な意見も根強く、調整は難航しそうだという。

なんて馬鹿げた話だろうと思った人は少なくないだろう。両党の考え方は、いろいろな点で異なる。いや、これは適切な言い方ではないかもしれない。両党ともに、考え方が異なる人達が集まっているから、一部のヒトと一部のヒトをそれぞれからピックアップしたら同じかもしれない。だが、両党が示している政策は異なる。この両党が連立政権となるなんていうのは、多くの説明を要することである。

加えて、この崩れて今にも流れてしまいそうな泥舟のような政権に、たちあげれ日本が乗るわけない。乗るという判断を下すようなセンスであれば、そのセンスを疑う。そして、もしかしたら、乗るという判断を下すかもしれないと考えて打診してしまうセンスも疑う。こういうことが起こってしまうこと自体に、不自然さと不可思議さを感じずにはいられない。

だいたい、今までの枠組みを変えてまで、政権を維持しようとし続ける民主党に呆れる。確かに、外交面を考えれば首相が頻繁に変わったりすることはよくないし、解散総選挙がたびたび行われて政治が安定しないというのはよくない。しかし、もうこの政権の限界は見えている中で、他党に協力要請してまで、続けようとするのは潔くない。民主党が野党だったころ、自民党に対して、こうした批判を浴びせていたはずだ。結局、与党になると、どの政党も同じ態度になってしまうということなのだろう。

いずれにしても、少し呆れてしまうニュースである。クリスマス前夜(イヴ)はもうちょっと愛のあるニュースでも、と思ったが、どうも日本が沈んでいく前夜(イヴ)という雰囲気を感じてしまう。
スポンサーサイト

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

辻 大志

Author:辻 大志
コンサルティング会社に勤める会社員。
この場を借りて、自分の意見や考え、日々の戯言を綴っています。
一人でも多くの方に読んでいただき、繋がりを持っていきたいと思っています。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

最新記事
カテゴリ
検索
カスタム検索
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。