FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情報と感覚との間の乖離

●レコード大賞にEXILE 3年連続の受賞
http://www.47news.jp/CN/201012/CN2010123001000493.html

第52回日本レコード大賞の最終審査会が開かれ、大賞はEXILEの「I Wish For You」に決まったそうだ。Exileは3年連続の大賞受賞だという。

レコード大賞という言葉を聞くと、いよいよ年末だなと感じる。しかし、私は一度もレコード大賞を見たことがないし、ここのところ、大みそかの紅白歌合戦も見ていない。今、世の中で、どんな曲が流行っているのかということについて、興味がないわけではない。でも、どうも見るまでには至っていない。

そもそも、今、流行っているという曲があるのか。確かに、EXILEというグループの存在は知っているし、この「I Wish For You」という曲もテレビCMで流れていた範囲でのみ知っている。だが、昔の曲のように、みんながそらで歌えるほどのようには思えない。これは私が歳をとったからだけではないだろう。これだけ、様々な娯楽が増え、世界中の音楽が簡単に聞けるようになった時代に、かつてのような流行曲が出てくるはずがない。

売上枚数や売上金額を流行っている理由とする人もいるが、これほど当てにならないものはない。音楽が手軽に買えるようになっているし、物価だって昔とは違う。こういうご時世において、レコード大賞とか紅白歌合戦っていうのは、どういう位置付けのものなのだろう。

まあ、別に、こういう番組に深い意味や位置付けをいちいち求めるつもりはない。みんながこれを見るために、こたつに集まって、ゆったりと時間を過ごすというだけで十分だろう。ただ、感覚として、ピンと来ないなぁ、と。EXILEというグループが物凄く人気があるという情報は頭に入っている。だが、感覚がない。情報と感覚との間の乖離に少し戸惑いがあるのだ。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

辻 大志

Author:辻 大志
コンサルティング会社に勤める会社員。
この場を借りて、自分の意見や考え、日々の戯言を綴っています。
一人でも多くの方に読んでいただき、繋がりを持っていきたいと思っています。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

最新記事
カテゴリ
検索
カスタム検索
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。