FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

技術発展の足枷

●Facebook、IBMの特許750件を購入---海外メディア報道
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20120323/387741/

米Facebook社が米IBM社から750件の特許を購入したそうだ。記事によると、Facebook社は特許侵害訴訟の自衛手段として特許資産の強化を図っており、今回の動きもその一環とのことである。Facebook社のような新興企業は、会社の歴史も短く、特許資産を多くは有していないため、買い取る形で強化を図る他ないというわけだ。

ソーシャルネットワークの世界は、オープン化が進んでいる。「ソーシャルネットワーク上のデータを利用したアプリケーションを、様々なウェブサイト上で展開できる、オープンなプラットフォームを目指す」としたOpen Social構想なんていう言葉もあり、FacebookもGoogleもオープン化には積極的である。
もちろん、オープン化は、特許資産を含む知的財産権を放棄することではないが、頑なに内部に技術仕様などを隠し、他社の製品やサービスとの互換性を持たない考え方に比べると、守るべき範囲を限定し、競争の源泉とならない部分は公開していくという意味で、特許資産を緩やかに運用しているような印象を持つ。

また、ソーシャルネットワーク上で運営されるクラウドソーシング(Open Source Softwareの開発等も含む)などは、特許資産や知的財産権などとは距離を置く活動である。これらの活動は、ソーシャルネットワークと呼ばれるインフラが整う前から存在していたが、ソーシャルネットワークができたことによって、活動の幅を広げ、活動の質を高めている。換言すると、Facebookのようなソーシャルネットワークサービスは、特許資産や知的財産権などを伴わない、新たな知的活動を支えてきた。

と、だいぶ話が長くなったが、そういう環境下にあるFacebook社が特許資産の強化を図っているということで、この記事が興味深く映ったわけである。

企業にとって、特許資産を強化し、特許侵害訴訟から身を守ろうとするのは、当然のことである。まして、IT系企業でとてつもない勢いで成長してきたわけだから、こういう防御策を講じなければ、やられっぱなしになってしまうだろう。なので、Facebook社が特許を買い付けること自体には何ら意見はない。ただ、特許権とか知的財産権とかいう、そもそもの仕組みが何となく古くさく感じてしまう。

仕事の関係で、知的財産について多少学んだので、その趣旨や背景は理解しているつもりだ。なお、知的財産と一口に言っても、消費者・需要者の利益保護を含む商標権など多様だが、ここでは特許や実用新案など、発明者側の保護に重きを置いているものについて考えたい。

確かに、長年、時間と労力を掛けて発明したものを勝手に真似されて発明者側の経済的な利益が損なわれるのは問題だと思う。だが、その発明を権利として楯に取って、金を要求するのは、何だか古くさく感じる。暴力団とかがショバ代を要求するような古くささだ。
それは、結局、その発明やアイデアを“権利”という形にしてしまったからじゃないかと思う。法的に守る場合には、“権利”とするのが当たり前なのだろうが、もっと違う方法はないのだろうか。

私が思うのは、そういう“権利”というような形にしたからこそ、争いが絶えないんじゃないか、ということだ。もっと平和的に解決する手段があれば、知的活動はますます発展・進化していくんじゃないか、ということだ。技術の進歩が目まぐるしい中で、ある特定のアイデアや発明者を保護し、それ以外の企業や技術者が使えないようにしたり、それが火種となって争ったりしている状態は、技術の進歩に対する足枷にしかならないように思う。

金が絡む話だから、そんなに簡単には行かないだろうが、知的財産や特許に対する考え方を刷新することで得られるものは大きい気がする。知的財産や特許に係る“権利”や“法律”を万古不易のもののように考えずに、新たな枠組みを作れないのだろうか。そういうことが、この新しい時代に求められているような気がする。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

辻 大志

Author:辻 大志
コンサルティング会社に勤める会社員。
この場を借りて、自分の意見や考え、日々の戯言を綴っています。
一人でも多くの方に読んでいただき、繋がりを持っていきたいと思っています。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

最新記事
カテゴリ
検索
カスタム検索
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。