FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会社とは何か

前回の更新から半年以上の間を空けてしまった。

自社の広報的な活動としての執筆等もあって、すっかり自分のブログの存在すら忘れかけていたくらいだ。

ただ最近やはり、個人のブログというものの意義が自分の中でなんとなく見えてきたので、書くようにしたいと思う。

とは言え、また忙しさにかまけて、放っておくことになってしまうかもしれないが。。

最近の関心事は、「会社とは何か」「ビジネスとは何か」ということ。

大手の会社にいた頃はそんなことを思うことがなかったが、少し小さな規模の会社に身を置くと、経営をより近くに感じるためか、そういうことをふと考えるようになる。

人類が誕生して以来、様々な形で人間が集まり、集団を作ってきた。地域的な繋がり、民族的な繋がり、文化的な繋がり、宗教的な繋がり、思想的な繋がり、経済的な繋がり等々。。

会社というのは、もともとは経済的な繋がりの類から始まっているのだろう。だが、言うまでもなく、そういう側面だけではない。あらゆる側面を有した集団だ。

現在の資本主義社会においては、多くの人間が会社という集団に関わって生きている。多くの人間が自分の時間の多くを会社という集団とともに過ごしている。

基本的に会社はビジネスを行う集団であり、場である。だが、ビジネスだけの繋がりでもない。繰り返しのような言い方になるが、会社というのは、人類がこれまで作ってきた集団の要素が含まれているように思う。

だが、その要素がどのような割合で入っているかは、会社によって異なる。化学物質の配合のように、実に微妙なバランスで入っており、少しでも割合がおかしいと、その会社は悪い副作用の多い集団になる。

会社の成り立ちや内外の関係性等によって事情が異なるため、その配合の割合に正解はない。そのあたりが実に難しいものなのだとつくづく思う。

コンサルティングという仕事をやってきて、何となくわかったような気になっていたことが実はそうでもないってことに気づく。それ自体が成長なのかもしれないが。

会社と正面から向き合う。そういう人間を一人でも多く抱え、一人でも多くなるよう努めている会社は強い。

自分が属す会社がそうなるように真剣に考えなければならない。それを真剣に考えれば考えるほど、同じように悩む会社に対して、魂が入ったコンサルティングサービスを提供できるようになると思う。

自社のためにも顧客企業のためにも、今一度、会社と正面から向き合わなければならない。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと。
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

辻 大志

Author:辻 大志
コンサルティング会社に勤める会社員。
この場を借りて、自分の意見や考え、日々の戯言を綴っています。
一人でも多くの方に読んでいただき、繋がりを持っていきたいと思っています。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

最新記事
カテゴリ
検索
カスタム検索
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。