FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔の自分との対話

4月に新年度を迎え、バタバタとしているうちに、2ヶ月が過ぎ去った。昔も、仕事は忙しくやっていたわけだが、やはり立場が徐々に変わり、年数を重ねて職位が上がるに従って、忙しさの種類や忙しさの感じ方が変わってきた。

忙しさの種類や忙しさの感じ方だけでなく、当然のことながら、仕事に対する考え方や見え方も変わってきた。これは、ある意味では、成長とも思えるが、一方で、今の考え方や見え方を是とするだけでなく、過去の自分だったらどう思うのかを考えて行動すべきように思う。

「あの人は上に行ってから、変わっちゃったよね」とか「昔は現場の事情を分かってくれてたのにね」というような発言は、どこでもあるし、自分自身、そんなふうに感じるヒトを見てきた。これは、経営サイドと現場サイドの理屈が異なることが理由だと思っていたが、実際は、コミュニケーション不足による相互理解の浅さにあるように思う。

経営サイドあるいは上層部は、現場では知る由もない情報や事情があり、それを含めて考えたり、判断したりするわけだが、現場サイドにはそのプロセスが見えず、結果や結論だけが落ちてくる。現場サイドにとっては、なぜ?と思うような方向性が示され、十分な説明がないまま、進まざるを得なくなってしまう。経営サイドとしては、必要な情報やオープンに質問できる環境を提供しているつもりであっても、現場サイドに時間的・工数的な余裕がなく流してしまう場合もあるし、やはりなかなか尋ねづらいというのもあるだろう。

今、私は、経営サイドと現場サイドの両方の感覚がわかる、過渡期のようなときに身を置いているように思う。両方の考え方がわかるし、両方とも間違っていないと思うケースもたびたびある。この感覚を失わないようにしたい。そして、昔の自分だったらどう考え、どう感じるかを想像しながら、昔の自分と対話をし、なぜそういう結果や結論に至ったのか、ということを若手のメンバーに丁寧に説明して話し合うことを常日頃から意識するようにしたい。

これは「言うは易し、行うは難し」なことだと思うが、わかり合える関係作りを目指して日々過ごしたいと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

辻 大志

Author:辻 大志
コンサルティング会社に勤める会社員。
この場を借りて、自分の意見や考え、日々の戯言を綴っています。
一人でも多くの方に読んでいただき、繋がりを持っていきたいと思っています。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

最新記事
カテゴリ
検索
カスタム検索
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。